前へ
次へ

すき焼きの関東風と関西風の違いを知る

日本の首都は東京で関東地方の中心です。
一方日本の第二の都市として知られる大阪は関西地方の中心です。
新幹線で3時間もかからない両者ですが、食文化の面では大きな違いもあります。
見た目だけでなく味が大きく異なることもあるので、転勤などで料理が違ってびっくりすることがないようにしておきましょう。
すき焼きといえば牛肉を使った人気の料理の一つと言えるでしょう。
家庭で作るときは各家庭の作り方でいいでしょうが、料理店だと各地域の作り方を元に作られることが多いです。
よく言われるのが関東風と関西風で、作り方や味、食べ方なども違っています。
高級店ほど違いがはっきり分かるでしょう。
関東風のすき焼きは鍋料理で、肉は野菜などと一緒に煮込んで食べます。
割り下の味が肉に適度に浸み込んでいる状態が食べごろと言えそうです。
関西風のすき焼きは焼肉に近いかもしれません。
割り下ではなくたれを使い煮込まずに焼いて野菜などを入れる前に食べます。
肉の味をしっかり味わえる食べ方です。

Page Top