前へ
次へ

すき焼きにおける長ネギの役割を知る

すき焼きの主役と言えば牛肉でしょう。
でも牛肉だけですき焼きができるわけではなく、他のわき役たちがうまく牛肉を引き立ててくれなくてはいけません。
それぞれのお店、それぞれの家庭で入れる具材は異なるでしょうが、せっかくならなぜその材料を入れるのかを知っておくと良いかも知れません。
すき焼きの時に使う材料の一つに長ネギがあります。
薬味などに使う細いタイプではなく、少し太めで白い部分が多くなっています。
すき焼きでは最初に肉を焼きますが、その後ぐらいに長ネギを入れて肉と一緒に煮込むことが多いかもしれません。
最初に焼いておくことでねぎの香ばしさが出やすくなります。
ネギだけでなく玉ねぎにも言えることですが、加熱をするとどんどん甘味が増してきます。
すき焼きにおける長ネギもしっかり煮込むとどんどん軟らかく、そして甘味のある状態になります。
肉だけで食べるのもいいでしょうが、肉とねぎを一緒に食べるのも美味しい食べ方の一つと言えるでしょう。

Page Top